廃車買取業者があるのをご存じですか?このサイトでは廃車買取業者についてまとめています。

車を友人に売るのは面倒?手続きのポイントになるものは

Posted on 5th 12月 2017 by カイトリ in 車を買取してもらうときの豆知識

車を友人に売る場合は、どんな手続きが必要かしっかりと理解しておく必要があります。名義変更は新しい所有者がすることが法律で義務付けられていますが、保険の名義の変更など、やることは多岐にわたります。相手任せに出来ない部分もあるため、事前の確認が必要になります。

車を友人に売却する場合には車の登録情報を抹消し、名義変更してしまうための委任状が必要になります。自分で抹消手続きをすることもできますが、委任状を利用した方が手間が省けます。
また、自賠責を含めた保険の名義変更や車検証明証の準備も必要です。
リサイクル券も必要になりますが、紛失してしまった場合はリサイクル預託状況を確認する必要があります。車のリサイクル料は、最終的な保有者が支払う仕組みになっていて、リサイクル権も売却時の価格に上乗せされるのが一般的です。

車検証の情報を照合するための印鑑登録証明書も必要になります。これらの書類をそろえた上で、売却の契約書を作り、双方が署名捺印しておくとトラブルになりにくくなります。
契約書は料金の未払いが発生した場合などに重要になるため、友人だからとなぁなぁにしないことが大切になります。信頼関係があれば作らなくても問題がないケースもありますが、売却額によっては税務所のチェックなどが入るため作っておくのがおすすめです。

売却額や振込み額などの同意が得られたら、契約書に署名捺印し、指定口座への振込みを待ちます。現金で受け渡しをした場合は手数料がかからないものの、やはり口座の履歴などが残らない形になります。
業務用の車やレジャー目的の車を売却し、買値よりも売値の方が高い場合は差額が課税の対象となります。買った時より売ったときの方が高い場合は、所得税がかかるケースがあるのです。課税対象になる場合は確定申告が必要になる場合もあるため、車の用途と売却額にも注意することが大切です。税金がかからない場合は現金でのやりとりも可能ですが、金額に間違いがないかチェックが必要です。

車を友人に売るのは面倒?手続きのポイントになるものは はコメントを受け付けていません。