廃車買取業者があるのをご存じですか?このサイトでは廃車買取業者についてまとめています。

車のホイールを少しでも高く買い取りしてもらう方法

Posted on 2nd 12月 2017 by カイトリ in 車のパーツを売りたい!

車のホイールは新たにドレスップをした際や、スタッドレスタイヤなどを新たに購入する事で、不要なホイールが余ってしまう場合も有ります。
例えばメーカー純正のホイールであれば、将来的に車を手放す際に一緒に売る事も出来るのできちんと保管しておく事が大切ですが、保管スペースが無い等の場合には買い取りをしてもらう事が一番です。

しかし、車を買い取りしてもらうのとは異なり、ホイールを買い取りしてもらうにはどの様にしたら良いか判らない方も多いと思います。
そこでホールだけを高く買い取りしてもらう方法をご紹介します。
ホイールを買い取りして貰う場合には、必ず専門店に買い取りをしてもらいましょう。車のホイールは専門的な知識を持った買い取り業者の専門的な目できちんと見てもらい、適正な価格で買い取りしてもらう様にします。

又、車のホイールには市場の流通在庫が少ない時期が有ります。それは季節の変わり目で、スタッドレスタイヤの交換時期です。例えば車を新たに購入した場合には、スタッドレスタイヤを新たに購入する人が多く、その場合にはホイール付きで購入するケースが多くなっております。その為、ホイールの需要が多くなり、ホイールの買い取り業者も買い取りがし易くなると言う事になります。従ってホイールを買い取りする場合にはその様な時期を狙う様にして見ましょう。

次にいくら中古のホイールとは言え買い取りをしてもらう際には、綺麗に手入れがされたホイールであれば高値で買い取りしてくれる可能性が有ります。その為、日頃からの手入れが大切で、車を洗車する際や、タイヤ交換等で保管しておく場合には綺麗に洗い、カバーを掛けて置く様にしましょう。
更に、業者が買い取りを決めてくれた場合には、速やかに売る様にします。買い取りを決めてくれた後に買い取りを先延ばしにする事で、ホイールにキズを付けてしまう事も有るので、早めに業者に引き渡す様にする事が大切です。

車のホイールを少しでも高く買い取りしてもらう方法 はコメントを受け付けていません。

車のパーツは純正が高い!高い買取額を出すポイントは

Posted on 29th 11月 2017 by カイトリ in 車のパーツを売りたい!

車を売る時に注意したいのが、ドレスアップパーツの扱いです。見た目を良くするためのドレスアップパーツは非常に個性的なものも多く、購入にお金がかかるものが大半です。
しかし、ドレスアップパーツをつけると高額買取が成立するかといえば、答えは違います。中古車市場ではノーマルな状態に近いほど買取価格が高くなる傾向があり、パーツのつけ方によってはかえって安くなってしまうのです。
ドレスアップパーツをつけると買取額や査定額が安くなってしまうのは、売れなくなるリスクが高くなるからです。ドレスアップパーツを気に入ってくれる人が出る可能性もありますが、そうでない場合は車が売れ残るリスクが高まることになるのです。リスクを避けるためにノーマルな状態に戻す業者も存在するほどで、その分の手数料が引かれて安くなってしまうことがあるのです。

自分で拡張したパーツなどがある場合は、できるだけ純正品に戻すのが基本になります。車のホイールなども同様で、純正品の方が査定額が上がる可能性があるのです。
ただし、有名メーカーのアルミホイールなどは話が別です。これはタイヤメーカーなどにブランドネームがあるからで、査定額の低下を招きにくくなるからです。
一方で、ホイールを純正品に戻して、アルミホイールなどはパーツショップに売った方がトータルでプラスになることもあります。査定上はマイナスにならなくても上がらないことがあるためで、別々に売った方が良い場合があるのです。
車に予備のホイールなどを積んだ状態であっても、付属品として扱われ、査定額のアップにつながらない場合もあります。査定を受けるのであれば、査定額を聞いた上でホイールなどがあるとプラスになるか聞いてみるのがおすすめです。
注意したいのは、事前にホイールなどのパーツが別にあることを話した場合です。最初の提示額を低めにし、パーツ代を上乗せ分としてセット価格を別に提示し、買叩く業者がいるからです。情報を出す順番には注意が必要です。

車のパーツは純正が高い!高い買取額を出すポイントは はコメントを受け付けていません。

バッテリーの買い取りは業者によって買い取り価格に差が有ります

Posted on 26th 11月 2017 by カイトリ in 車のパーツを売りたい!

車のバッテリーは車のパーツとしては消耗品の部類に入り、一般的な車の利用の場合には使用の頻度にもよりますが、2年から5年が交換の目安とされております。
交換が必要になった場合、不要になってしまったバッテリーは処分が行われます。但し、バッテリーにはリサイクルが可能な材料が使われている為、リサイクル業者によって解体又は分別されます。
その後リサイクルが可能な鉛材料等は精錬業者で再生鉛として活用され、改めて鉛合金などとして販売される様になっております。
又、プラスティック材料等も粉砕処理を受け、プラスティック再生商品等として販売されて行きます。これらのバッテリーのリサイクルを推進して行く為に、バッテリーの買取や引き取り業者が存在しており、安い引き取り価格で買い取ってくれます。

このバッテリーを買い取ってくれる業者としては、ホームセンターやカー用品専門店等、更には古物の買取販売を行っているリサイクルショップや、バッテリーの買取業者等が有ります。ホームセンターでは使用済のバッテリーを回収してくれますが、無料か有料かを事前に確認する様にしましょう。
又、カー用品店の場合には、使用済バッテリーの廃棄料を取られる場合が多く、廃棄料として500円程が掛かる場合が有ります。
一方、リサイクルショップやバッテリーの回収業者の場合には、500円から1,000円の場合が多く、もしも引き取り等を依頼した場合には追加料金を請求される場合が有りますので、注意が必要です。
又、バッテリーを引き取ってくれる業者によっては、一定の大きさや重量が有るバッテリーのみを対象としている業者もあり、例えばバッテリーの重量が5kg以上の場合に限っている業者も有ります。
更に車のバッテリーに多く使われている鉛バッテリーの場合には、1kg当たり90円前後で買取をしてくれる場合も有りますので、買取価格等を事前に確認する様にしましょう。

バッテリーの買い取りは業者によって買い取り価格に差が有ります はコメントを受け付けていません。