廃車買取業者があるのをご存じですか?このサイトでは廃車買取業者についてまとめています。

車を友人に売るのは面倒?手続きのポイントになるものは

Posted on 5th 12月 2017 by カイトリ in 車を買取してもらうときの豆知識

車を友人に売る場合は、どんな手続きが必要かしっかりと理解しておく必要があります。名義変更は新しい所有者がすることが法律で義務付けられていますが、保険の名義の変更など、やることは多岐にわたります。相手任せに出来ない部分もあるため、事前の確認が必要になります。

車を友人に売却する場合には車の登録情報を抹消し、名義変更してしまうための委任状が必要になります。自分で抹消手続きをすることもできますが、委任状を利用した方が手間が省けます。
また、自賠責を含めた保険の名義変更や車検証明証の準備も必要です。
リサイクル券も必要になりますが、紛失してしまった場合はリサイクル預託状況を確認する必要があります。車のリサイクル料は、最終的な保有者が支払う仕組みになっていて、リサイクル権も売却時の価格に上乗せされるのが一般的です。

車検証の情報を照合するための印鑑登録証明書も必要になります。これらの書類をそろえた上で、売却の契約書を作り、双方が署名捺印しておくとトラブルになりにくくなります。
契約書は料金の未払いが発生した場合などに重要になるため、友人だからとなぁなぁにしないことが大切になります。信頼関係があれば作らなくても問題がないケースもありますが、売却額によっては税務所のチェックなどが入るため作っておくのがおすすめです。

売却額や振込み額などの同意が得られたら、契約書に署名捺印し、指定口座への振込みを待ちます。現金で受け渡しをした場合は手数料がかからないものの、やはり口座の履歴などが残らない形になります。
業務用の車やレジャー目的の車を売却し、買値よりも売値の方が高い場合は差額が課税の対象となります。買った時より売ったときの方が高い場合は、所得税がかかるケースがあるのです。課税対象になる場合は確定申告が必要になる場合もあるため、車の用途と売却額にも注意することが大切です。税金がかからない場合は現金でのやりとりも可能ですが、金額に間違いがないかチェックが必要です。

車を友人に売るのは面倒?手続きのポイントになるものは はコメントを受け付けていません。

車のホイールを少しでも高く買い取りしてもらう方法

Posted on 2nd 12月 2017 by カイトリ in 車のパーツを売りたい!

車のホイールは新たにドレスップをした際や、スタッドレスタイヤなどを新たに購入する事で、不要なホイールが余ってしまう場合も有ります。
例えばメーカー純正のホイールであれば、将来的に車を手放す際に一緒に売る事も出来るのできちんと保管しておく事が大切ですが、保管スペースが無い等の場合には買い取りをしてもらう事が一番です。

しかし、車を買い取りしてもらうのとは異なり、ホイールを買い取りしてもらうにはどの様にしたら良いか判らない方も多いと思います。
そこでホールだけを高く買い取りしてもらう方法をご紹介します。
ホイールを買い取りして貰う場合には、必ず専門店に買い取りをしてもらいましょう。車のホイールは専門的な知識を持った買い取り業者の専門的な目できちんと見てもらい、適正な価格で買い取りしてもらう様にします。

又、車のホイールには市場の流通在庫が少ない時期が有ります。それは季節の変わり目で、スタッドレスタイヤの交換時期です。例えば車を新たに購入した場合には、スタッドレスタイヤを新たに購入する人が多く、その場合にはホイール付きで購入するケースが多くなっております。その為、ホイールの需要が多くなり、ホイールの買い取り業者も買い取りがし易くなると言う事になります。従ってホイールを買い取りする場合にはその様な時期を狙う様にして見ましょう。

次にいくら中古のホイールとは言え買い取りをしてもらう際には、綺麗に手入れがされたホイールであれば高値で買い取りしてくれる可能性が有ります。その為、日頃からの手入れが大切で、車を洗車する際や、タイヤ交換等で保管しておく場合には綺麗に洗い、カバーを掛けて置く様にしましょう。
更に、業者が買い取りを決めてくれた場合には、速やかに売る様にします。買い取りを決めてくれた後に買い取りを先延ばしにする事で、ホイールにキズを付けてしまう事も有るので、早めに業者に引き渡す様にする事が大切です。

車のホイールを少しでも高く買い取りしてもらう方法 はコメントを受け付けていません。